銅製の道具を使わないとき

調理に銅器を使用する人もいます。銅は他の多くのミネラル、金属、鉄と一緒に人体に自然に存在します。身体に不可欠なものもあれば、完璧なバランスでなければならないし、有害なものもあります。多くの人々は、銅製の道具を使うのが安全かどうかについては不明です。

いくつかの食品は、銅やその他の鉱物や金属に対して自然に悪い反応を示します。酢は食べ物と反応するので、酸味のある食品は銅製の容器の中に保管しないでください。牛乳や飲料水は、バターやクリームなどの乳製品と同様に、銅製の容器の中に保管することも危険です。彼らは金属と反応し、銅中毒を引き起こす可能性があります。レモンジュース、ライムジュース、オレンジジュースなどの柑橘類は安全ではありません。ヨーグルトはまた、酸性が銅に対しても反応することができるので、銅の中に貯蔵することは疑わしいものです。銅の容器から食べ物や液体を食べたり飲んだりすることはお勧めしません。

銅の食品反応

胃腸の問題は、銅過剰摂取の直接的な結果です。胃腸炎の症状は同じで、嘔吐、下痢、痙攣のような腹痛を経験するため、診断を混乱させる可能性があります。あなたは口に金属の味があり、嗜眠して弱いと感じるかもしれません。症状は正常に診断された場合にのみ発生します。体は少量の銅を処理することができますが、長期間繰り返して摂取すると、未治療のままであれば関連する症状を引き起こす可能性があります。結果として生じる症状が増し、あなたもめまいを経験するようになります。

銅摂取の危険性

裏地のない銅製の調理皿を使用しないでください。内部には、銅成分の過剰消費を防ぐために、ステンレス鋼のような安全な材料を並べておく必要があります。アルミニウム製の鍋や食器類にも同じ規則が適用されます。両方の金属が食品に対して高度に吸収性であるので、その効果は同様である。

ユニオン銅器

赤ちゃんやお子様の食べ物を準備する際には、銅製の道具を使用しないでください。あなたが銅製の道具を使用していて、幼児が胃腸炎のような症状を呈している場合は、問題の原因をよく調べることができます。あなたが特にあなたに症状を関連付けるために話すことができないよりも小さい子供のための食事を準備するときは、常にステンレス鋼またはテフロン調理器具を使用してください。

赤ちゃんと幼児

食べ物の中には、銅製の皿や食器に焼くことができます。安全上の理由から、後で使用しないでください。食べ物が銅鍋やフライパンに印をつけたら、銅汚染による病気の可能性が高い残渣が残るでしょう。

燃えた食べ物

あなたが銅で調理して食べ物がこぼれ落ちたら、鍋を投げ捨ててください。または、あなたがそれを保持し、再び使用したい場合は、治療とリライニングのために、それをいくらかの費用で服用することができます。