起立バットヒンジを使用する場合

起立バットヒンジは、開かれるとドアをわずかに持ち上げる特別なタイプのドアヒンジです。このタイプのドアは、閉じたときに底部に隙間を持たないが、開口側の厚い床の覆いを持ち上げる。上昇するバットヒンジは、木製のドアの使用にのみ適しており、特定の用途に最適です。この記事では、バットヒンジの上昇とその設置を考慮する必要がある場合の最適な用途について説明します。

標準ドアの開閉を容易にする出入口またはジャムエリアに厚い床カバーを施した場合、これはバットヒンジの上昇に最適です。ヒンジは、ドアを開けるときにドアをわずかに持ち上げるので、床の覆いの厚い部分によって引き起こされる床の障害の上を迂回または上昇するのに最適です。

厚い床の覆いを備えた戸口

しかし、このような場合には、バタフライヒンジを取り付ける際に、ドアの底面が厚いフロアカバーに擦れないように、バタフライヒンジの取り付け高さを調整することも必要ですドアは閉じている。

簡単に取り外し可能なドアが必要な場合

起立バットヒンジを使用することは非常に良いアイデアであるもう1つの時間は、後で簡単に取り外すことができるドアを取り付ける場合です。上昇するバットヒンジの働きにより、ドアが取り付けられた後、ヒンジからドアを容易に持ち上げることができます。

自己閉鎖扉が必要な場合

これが特に有用な用途の1つは、カウンタートップが取り付けられた下半分のドアの上に半ドアを取り付ける場合です。たとえば、タックルルームがある納屋や馬が安定している場合、このタイプの据え付けは、タックルームマネージャーが他の従業員の要求をより良く処理して処理できるようにするドアの上部セクションを簡単に取り外すことができます納屋や安定した。これは、部品や部品を素早く簡単に引き渡す必要がある部屋では、部屋に入るのを妨げながら、効果的なアプリケーションです。

上昇するバットヒンジはドアが自動的に完全に閉じることはありませんが、ドアを閉位置に向かって引き寄せる傾向があります。したがって、建物や部屋に入ることを奨励するドアを探してドアを閉める場合は、バットヒンジの付いたドアを設置するのが良い考えです。ほとんどの人は、ドアがドアの後ろに閉じ始めると、ドアを閉めるだけに気付くでしょう。

バットヒンジの上昇によってドアが単独で閉じることがありますが、このようなタイプのヒンジは、そのようなヒンジを頻繁に行う必要があります。したがって、ヒンジを潤滑油で保つために、定期的に貫通油または3in1油を使用する必要があります。