立っている縫い目の屋根は何ですか?

立っている縫い目の屋根は、平らで水平な面の上に立つ小さな縫い目のある金属屋根です。納屋や大型の工業用建物に見られる波状の屋根とは大きく違って見えます。それははるかに洗練された外観を持ち、それは場所を見ないで任意の住居を先頭にします。彼らがいくつかの利点を提供しているため、住宅所有者の間では、シームの屋根がますます普及しています。

直立シーム屋根には非常に多くの利点がありますが、耐久性、軽量、低コスト、およびエネルギー効率はほんのわずかです。

利点

立っている縫い目の屋根は特に耐久性があります。彼らは50年以上続くことができます。金属製の屋根はその耐久性で知られており、100年以上のサービスを受けてもまだ金属屋根が機能しています。あなたが極端な天候のために知られている地域に住んでいる場合、より良い屋根のオプションはありません。実際には、不本意な仕上げで利用可能な立っているシーム屋根もあります。雹の多い嵐のある地域に住む人々は、この仕上げを好む。

短所

立っている縫い目の屋根も非常に軽量です。実際には、標準のアスファルト屋根の屋根よりもはるかに軽く、アスファルトの層が1層しかない場合は、アスファルトの裂け目がなくても施工できます。これは屋根の引き裂きに関連する資金や時間を投資したくない住宅所有者の多くにとって特に重要です。

コスト

起立シーム屋根の初期費用はアスファルト屋根板よりも高価であるが、屋根の寿命を超えるコストは非常に少ない。メンテナンスは事実上なく、常設シーム屋根は50年以上続くので、間違いなくあなたの常設シーム屋根に費やす費用は少なくなります。それが適切にインストールされている場合は、非常に長い間追加費用が発生する必要はありません。

すべての金属製屋根は、直立シーム屋根を含め、エネルギー効率が良いです。金属製の屋根を持つ住宅所有者は、通常、暖房と冷房の請求書が減るのを見ています。また、金属の反射特性を拡大し、より高いエネルギー効率を生み出す立てシーム屋根のための多数の塗装オプションがあります。メタルルーフの設置は、エネルギー効率の高い住宅改造のための税額控除のために、ほとんどの住宅所有者に資格を与えます。

直立シーム屋根には、換気および張力の不規則性のような2つの小さな欠点がある。

立っている縫い目の屋根は、すべての金属製の屋根のように、自分でマスターするためには、それほど困難ではありません。直立シーム屋根の換気システムが完璧であることを確認することは非常に重要です。実際、換気が適切に行われないと、エネルギー効率の良い利点の多くが減少します。

立っている縫い目の屋根に張力の不規則性が生じることがあります。これは、他の金属よりも引っ張られた金属の領域があることを意味する。これは、金属の中に波状またはしわがあるように見えることがあります。これはこれらのタイプの屋根に共通の問題であるため、プロフェッショナルなルーファはテンションの不規則性を排除したり、適切に対処することができます。しかし、それをする人は、この問題に対処するのに問題があるかもしれません。

どんなタイプの金属屋根もアスファルト屋根屋根よりかなり高価になります。しかし、屋根の寿命の間、立っているシーム屋根はそれほど高価ではありません。立っているシーム屋根のコストを決定するにはいくつかの要因があります。いずれの請負業者も、屋根の高さ、屋根の高さ、屋根の寸法、金属屋根材の所望の仕上げがあるかどうかを知りたいと考えている。立っている縫い目の屋根の価格を知る最も良い方法は、請負業者が出てきて入札を行うことです。

それでおしまい。立っている継ぎ目の屋根は、耐久性と低コストを求める住宅所有者にとって人気のある選択肢です。