木材対アルミドック:コスト、耐久性、安全性

アルミドックや木製ドックを作るかどうかは、多くの要因に左右されます。両方のオプションについて多くの賛否両論があるので、最終的な決定を下す前に2つの選択肢を調べることが理にかなっています。

アルミニウムは、屋外や水への暴露に適した強力な素材です。アルミニウム製のドックは丈夫でシンプルで軽量です。これは、木製の埠頭に優る利点です。

アルミニウム

木材よりも強力ですが、鋼材は時間の経過とともに錆びて腐食する可能性があります。あなたはそれを長年にわたり良好に保つためにアルミニウムを維持しなければなりません。アルミニウム製のドックは非常に強いですが、正しく溶接されていないドックを取り付けると破損することがあります。これはあなたの家族にとって安全上の危険を引き起こす可能性があります。

ウッドドック

どんなタイプのドックを購入しても、フレームに取り付けられた柱、ブラケット、ファスナなどの外部コンポーネントはボートを傷つけ、人を傷つけることさえあります。ドックを建てたり、据え付けるときには、これは覚えておいてください。

多くの人々のために、アルミニウムの外観も利点です。あなたが伝統的な木製のドックとは違ったドックを持っていたいなら、アルミニウムが行く道です。

アルミニウムの欠点の1つは、最初は木材以上のコストがかかるということです。アルミニウム製のドックは、通常、工場内、セクション内に予め組み込まれています。設置のために到着すると、現場で組み立てられます。このタイプのドックは、より高価ですが、木製のドックよりメンテナンスが少なくて済みますので、実際には全体的に安価です。

多くの人々は、自然の美しさと強さのために木製の埠頭を好む。ウッドドックは、インストールして長年使用することも手頃です。唯一の問題は、時間が経つにつれて、木材は腐敗、裂け、割れ、亀裂、昆虫による損傷を受ける傾向があることです。これらはアルミ製ドックに影響を与えない問題です。もちろん、木材はアルミニウムよりも水に弱いです。

木材は柔らかく、船の側面に突き当たるボートや極端な天候のために簡単に損傷を受けます。木材のもう一つの欠点は、定期的に修理する必要があることです。あなたは防腐剤を使って木材を処理しなければならず、水に常に浸るという問題を防ぐ必要があります。さらに、木材を処理するために使用される防腐剤は、海洋生物、さらにはヒトにも毒性があることが判明しています。

木材はすぐに手に入る材料なので、木製のドックはかなり手頃な価格です。ウッドドックは、通常、処理された木材で作られており、特に湿っている場合はかなり重くなります。定期的なメンテナンスも面倒です。

あなたの家やコテージのために構築することを決めたデッキのタイプは、さまざまな要因によって異なります。このような大規模な購買決定を行う際は、コスト、耐久性、安全性を測ることが重要です。

最終決定に至るまで、各選択肢についての事実を確認してください。どんなタイプのドックを選んでも、何年も楽しむことができることを確認してください。