木のドアの修理:どのように固執するドアを修復する

あなたが木製のドアの修理を扱っていることが判明した場合は、その状況に対処するための適切な方法を大まかに考えておくことが重要です。問題の原因となる可能性のあることを考慮する必要がある点がいくつかあります。幸いなことに、必要な修正を行うことは比較的簡単ですが、達成には少し時間が必要です。あなたのドアが適切に働くためには、いくつかの異なる問題があるかもしれません。

あなたがドアを閉めようとすると、ドアがフレームのために大きすぎるように見え、ペイントしてペイントしている場合、見るべき簡単な点があります。オッズは、ドアヒンジの1つがオフです。ドライバーを持ってドアをフレームに固定しているラッチを緩めると、ドアを動かしてフレームをフレームに正しく収まるように自由に調整できます。ラッチをしっかりと締めてください。これで簡単に問題が解決されます。

ステップ1 – ドアが閉まらない場合

ラッチを調整しているときには、ネジを締めてネジを締めていきます。これは、木材を追加して所定の位置に固定する必要があることを意味します。スクラップの木片を取り出し、その小さな小片を切り取ることで、ねじ穴を埋めることができます。次に、ラッチを元の位置に戻します。これにより、スクリューと壁とのより強固なバインドが新たに形成されます。

ステップ2 – ネジ穴を空けます

あなたがドアを開くために引っ張るときに、ドア自体がフレーム内に張り付いているか、フレームにドアを押し込んでフィットするようにしなければならない場合は、この問題を解決するためにいくつかの調整を行う必要があります。 1つは、最大の問題はヒンジから再び来ることです。ドア自体に反りがあるように見える場合は、フレームとドアの間の隙間を見て、おそらくそれが歪んでいるかどうかを確認してください。ペンチを使用してヒンジピンを取り外すことでこれを修正できます。この作業を終えたら、レンチを使用して、ドア自体に穿孔されたラッチに接続されているナックルを確実に把握します。ナックルをドアに向かって曲げると、実際にはフレームからドアを引き離し、必要なスペースを作り出すことになります。ヒンジピンを元に戻し、元の位置に戻します。しかし、あなたが問題の世話をしていることを確認したいので、それを一杯置き換えないでください。ドアをテストして、今すぐ自由に開くようにします。

ステップ3 – 扉がフレームにぶら下がっている場合

これらの修正がどちらも問題を処理していないことが判明した場合、大きすぎて歪んでいると感じる扉の余分な部分を砂の紙と砂で取り除くだけです。これは非常に肘のグリースがかかりますが、事後にいくつかの改装作業が必要になりますが、他のすべてが失敗した場合は問題を処理します。また、ドアを取り外し、必要な木材を取り除くために平面を使用してから、ドアを塗装して再取り付けする必要があります。

ステップ4 – 最終的な解決策