往復鋸刃を購入する際に考慮すべき点

あなたのユニットに適した往復鋸刃を選択することは、多少の混乱を招く可能性があります。あなたに最良の結果を約束する多くのタイプとメーカーがあるからです。ただし、プロジェクトに必要な機能は常に認識している必要があります。さまざまな種類のブレードがあり、さまざまな種類の材料に使用できます。

また、乾式壁または枝刈りアプリケーションのような特定の材料用に設計された特別なタイプもあります。双方向ブレードは、両方向に切断するブレードの一種です。このタイプは、より速い切断に使用されます。一方、テーパードバックブレードはプランジカットのためのもので、エッジから始めなくてもサーフェスを直接カットすることができます。

一般的な種類の往復鋸刃

あなたのユニットのための正しい往復刃を得る際に考慮すべき多くの要素があり、以下に列挙されています

右往復鋸刃の選択

検索の絞り込みのために、このブレードを使用する素材の種類を確認します。

品目タイプ

あなたは、あなたが必要とするツールを信頼しているメーカーがいるかもしれません。そこには多くのメーカーがいるので、どちらを信頼するかを知っていなければなりません。

メーカー

プロジェクトのサイズと、より多くのTPIを持つ長いブレードが必要かどうかを検討する必要があります。短い材料のために長いブレードは、プロジェクトに損傷を与える可能性があります。しかし、短いブレードは材料内を包み込み、ブレードを曲げたり引っ張ったりすることがありますので、ブレードを使用する前に正しいサイズのブレードを認識しておく必要があります。

サイズ

他の工具と同様に、ブレードにはユニットと同じフィッティングまたはロック機構が必要です。そこには様々な往復鋸ユニットのための様々な種類の継手があります。

フィッティング

寸法

鋸刃を探す際には、長さ、幅、厚さの3種類の寸法があります。一般的なブレードの範囲は3から12インチです。ブレードが長くなればなるほど切り込みが深くなるので、使用するカットの深さを知る必要があります。

ブレードには基本的に刃がどれほど丈夫であるかを表すTPI(歯当たりの歯数)があります。歯が少ないほど、歯が粗くなります。だから、より滑らかなカットを好むなら、十分なTPIを持つものを選んでください。 TPIブレードが大きくなると材料が粗くなり、研磨ブレードには歯がありませんが、金属上で簡単に滑らかに切断できます。