往復鋸とは何ですか?

多くの人を混乱させるような鋸が往復鋸です。今日、市場には多くのタイプの電気鋸があり、プロジェクトに適した電気鋸を選ぶことは、一部の人にとっては混乱するようなことがあります。 DIYストアで見られるすべてのソーの種類と機能を誰もが認識しているわけではありません。

鋸自体はかなり適切に命名されています。 「往復動」という言葉は、基本的に復帰することを意味します。したがって、このソーの原理は、基本的な前後運動である。往復動鋸の刃は、ジグソーパズルに使用されている刃と非常によく似ていますが、わずかに異なった形になっています。往復動鋸は、多くの人がよく知っている電気彫刻ナイフと同じ原理で動作します。ジグソーパズルが存在しない場合には、ジグソーパズルを交換しても同程度に交換することができます。往復鋸はまた、ユーザが平らな表面領域を切断することを可能にする垂直運動を有し、例えば、平らな木材領域から丸い表面を切断する。鋸が動作する方法のために、ジグソーパズルが行うより良い速度と品質でより厚い木材を見ました。

往復鋸は何をしますか?

往復鋸のアイデアは、鋸の両側に1人の男が引っ張って、鋸の反対側の人が反対方向に引っ張って、最終的に木。これは非常に困難な労力であり、電気往復鋸の発明以来、これらは手作業のツールに先行していた。

使い方

往復鋸は、振動鋸、レシプロソーまたはSawzall(ミルウォーキー電機会社のブランド名である)とも呼ばれます。

どのようなスタイルがありますか?

パワー、スピード、フィーチャなど、さまざまなデザインがあります。コードレスドリルのような形をした小さなハンドヘルドモデルがあり、モデル作成や小さな家具などの小規模なプロジェクトでの家庭用に非常に適しています。また、通常はコードを付けられ、より専門的な能力で使用されるより大きなモデルもあります。

ほとんどのレシプロソーは、トリガ感度やソーのダイヤルを介して、動作速度が異なります。新しい、より最近の機能は、 ‘軌道’動作を含めることです。振動往復運動は上下動してブレードの先端を上下左右に楕円形に動かし、ユーザーが円を切り取ることができます。

安全性

不用意に扱った場合に刃が切断されるのを防ぐために、往復鋸にはガードがありません。使用前と使用後にソーがオフになっていること、およびソーを表面に置く前にブレードモーターを完全に停止させておいたことを常に確認してください。あなたの鋸が「トリガ」アクションを持っている場合は、鋸を止めるときに指をはずします。一部のソーには、ロックスイッチまたはボタンがあり、ボタンを押すことなくオンにできないようになっています。これは優れた安全機能です。

あなたの地元のDIY店で往復鋸をチェックするには、ツールセクションに入り、ディスプレイモデルを見て、レシプロソーがあなたのニーズに合っているかどうかを確認してください。