ラミネートフローリングの下に防湿バリアが必要なのはなぜですか?

ラミネートをコンクリートに適切に設置するために、下に防湿バリアを使用する必要があります。多くの人々は、ラミネートの下に防湿バリアを設置しなければならない理由と、それが本当に必要なのか不思議です。ラミネートフロアの下に防湿バリアが必要な理由の基本は次のとおりです。

コンクリートスラブは、水分がそれらを通って上がるのを許していることで有名です。地面が飽和したときにコンクリートを通ることができる一定量の湿気があります。大雨の後、コンクリートは周囲の湿気を吸収します。この湿分は、防湿バリアが存在しない場合、積層体の中に放出され得る。

水分の問題

ラミネートは実際には木の床ではありませんが、コアにはいくつかの木があります。ラミネートコアはプレスされた木材で作られています。水がラミネートのコアに触れると、場合によっては激しく膨潤する。したがって、床から水が上がってラミネートの中に入ることを許すと、バックルとワープが始まります。これにより、時間通りに床を乾燥させないと、関節が永久に損傷する可能性があります。したがって、水分バリアを持つことは、床の投資を保護するために多くのことを行います。

何が起こるか