ボールピーンハンマーは何ですか?

ボールピーンハンマー(エンジニアまたは機械技師のハンマーとしても知られている)は、手動の金属加工に広く使用されているツールです。その名称は、ヘッド面の1つの球状形状とその目的、すなわち金属表面のピーニング(すなわち、手動または自動打撃による金属の機械的特性の改善)に由来する。ヨーロッパおよび北アメリカのボールピーンハンマーは、ボールピインまたはボールペンハンマーとして審査されることもあります。しかし、これらの綴りは誤りであり、避けるべきです。

材料によっては、ボールペンのハンマーが硬いものでも柔らかいものでも構いません。硬質面付きハンマーの頭部は、鍛造および熱処理された高炭素鋼または合金鋼で製造されている。これらのハンマーは特に強く、より硬い金属表面で使用する必要があります。ソフトフェイスのハンマーは、鉛、真ちゅう、プラスチック、そしてしっかりと巻き付けられた生皮で作られています。彼らの頭や顔は、変形、摩耗、破損の恐れがあるため、定期的に交換する必要があります。これらのハンマーは、より壊れ易い表面で使用する必要があります。

ボールペンハンマーの変形

ボールピーンハンマーは多くの操作に使用できますが、主な機能は次のとおりです

ボールペンハンマーの用途

電気鋸などの動力工具を操作する場合ほど危険ではありませんが、ボールピーンハンマーで作業する場合は、細心の注意を払い、実行中の作業に集中し、関連する安全指示を遵守する必要があります。

ボールペンハンマーで作業する

作業を開始する前に、ハンマーを検査して、ヘッドがハンドルにしっかり固定されていることを確認してください。そうでない場合、本器は作業、修理、または別のものを購入することは安全ではありません。

ボールピーンハンマーを使用するときは、打撃ハンドがハンドルをしっかりつかんでいることを確認し、作業スペースをサポートする必要がある場合は、安全な距離を保ちます。

あなた自身を傷つける場合は、医師に相談してください。傷害を過小評価しないでください、それは些細なように見えるかもしれませんが、潜在的な感染源である可能性があることを覚えておいてください;この理由から、常に傷ついた部分を消毒してください。