ステップドリルビットは何のために使われますか?

ステップドリルビットは金属上でより遅い速度で使用されます。ドリルビットの科学は、正確なものです。正しいドリルビットは、良い作業と悪い作業の違いをすべて作ります。適切で鋭いビットでわずかな圧力しか必要としません。

ドリルビットの範囲は、掘削が必要な広範囲の材料に起因します。ビットは、使用される材料、そのコーティング、およびその目的に応じて、多かれ少なかれコストがかかる。

レンジ

木製のドリルは鋼製であるため安価です。高速およびチタンコーティングされたビットは硬く、より耐久性がありますが、コバルトまたはカーバイドチップドリルはさらに高価です。

ドリルの種類

ステップドリルビットは、厚さ1/4インチの金属シートを通って、時計回りの方向に回転することによって穴をドリルする。ドリルの各ステップは元の穴を拡大します。最小のビットは穴を開けるためにパイロットドリルが必要ないという点で自己始動します。

ステップドリルの動作

ビットを大きくするには、ビットの最小ステップの直径にあらかじめ穴をあける必要があります。センターパンチを使用して穴の中心に凹みができます。これは、最初に掘削を開始するときにドリルがドリフトしないようにします。過熱を防ぐために、ビットに切削液が必要です。より小さいステップドリルは、金属を貫通しています。その後、必要な穴のサイズまで穿孔された大きなドリルと交換されます。

より大きなステップドリルビット