ガレージドアパーツへのあなたのガイド

あなたのガレージのドアが古くなって摩耗すると、ガレージドアの部品を交換する必要があるときがあります。このガイドでは、時間が経つにつれて変わる可能性が高い、より一般的なガレージドアパーツのいくつかに焦点を当てています。

ローラー

他のパーツのいくつかと同様に失敗するのは一般的ではありませんが、トラックに乗っているローラーは時々失敗することが知られています。ドアを上下にガイドするガレージドアの両側にスチールトラックがあります。これらのローラーはその軌道に乗って壊れたり、ベアリングが摩耗したりすることがあります。ドアのさらなる損傷を防ぐために、できるだけ早く交換する必要があります。

ケーブルドラム

時々失敗する傾向がある別のガレージドアパーツは、ケーブルドラムです。これらはセンターホールに磨耗して、時々ドアを開閉することが困難になります。悪いケーブルドラムはまた、ケーブルに乗っているケーブルに問題を引き起こす可能性があります。そのため、ケーブルに問題がある場合は、ケーブルもチェックする必要があります。

ケーブル

時間が経つにつれて、ケーブルは摩耗して擦り切れ始めるでしょう。これは、摩耗の兆候が見え始める場合、タイムリーに交換するために不可欠なガレージドアパーツの1つです。これらのケーブルにはガレージドアバネに接続する際に多くの緊張があり、ケーブルが十分に磨耗するとスナップすることがあります。

その他の確認事項

ガレージドアの任意の部分に設定された寿命はありません。実際の着用は、気候や天気のパターン、使用法、その他いくつかの要因を含む多数の要因によって決まります。これを知っていると、潜在的な問題を防ぐためにガレージドアパーツを定期的に点検するように注意してください。あなたがチェックしなければならないガレージドアパーツのいくつかは、

時折物事をチェックし、既存の問題に気づいたときに修理するだけで、ガレージドアを長くしてよりうまく動作させることができます。修理をする必要があるときには、ガレージドアの部品を手元に置いておくことをお勧めします。修理をすばやく行うことができます。あなたが部品を購入するサプライ・ストアは、あなたの気候でより早く摩耗する部品を教えてくれます。