ほんのりのカッターは何のために使われていますか?

木工プロジェクトを担当する住宅所有者は、ほぞ穴の使用に精通している必要があります。ほぞのカッターは、さまざまな木工の要件を簡単にすることができます。これは、ほぞカッターの様々な用途を探ることによって最もよく理解される。

ログ家具は典型的な木製家具であり、木工スタイルはやや素朴である。従来の方法で木材を接合する代わりに、測定されたログは独自の方法で結合される。ログには未完成の生の表情があり、手作りの家具の真偽を滲出させます。ログ家具には、コーヒーテーブル、ログソファ、椅子などがあります。

ハンドヘルドまたはフリースタンディングテノンカッターの使用:ログ家具の作成

テノンカッターは、築地およびほぞの接合部を使用することに依存するログ用家具ツールを作るために使用されます。ここでは、ログを釘打ちするか、または接着剤を使用する代わりに、丸太の一方の端が、鈍い尖った突起に似ています。これは、ログ、肩または釘の肩の端と呼ばれることがよくあります。このテノンは、もう一方のログの彫刻されたスロットに挿入されます。スロットは義足と呼ばれます。

高出力テノンカッターを使用して:ログキャビンを作る

これらのほぞのカッターを使用することは、住宅所有者に関連する従来の木工技術を超えています。このような重いほぞのカッターを取り扱うには、電動工具を扱う際にある程度の経験が必要です。上記のハンドヘルドのほぞ穴カッターとは異なり、高さの高いカッターをガレージに設置する必要があります。しかし、人々は彼らのログキャビンを構築したいDIYプロジェクトのために、パワーテノンカッターが販売されています。

テノンカッターの有用性の理解

ここで使用されるテノンカッターは、四角形のペグを作ることができるより広い範囲の形状を提供する。このようなプロジェクトに使用される大量のログは、通常のテーパのアウトラインでは形状を決めるのが難しい場合が多いため、これは重要です。これらのほぞのカッターは、組み立てが容易なほぞの治具で販売されています。

テノンカッターの有用性は、その代替物の複雑さが探究されているときに理解される。唯一の選択肢は、ログを細分化してハンドヘルドツールを使用してレベルを上げることです。これは面倒なプロセスであり、ログ家具製品の強度と耐久性を損なう可能性がある緊密な長さのほぞ穴ジョイントを保証するものではありません。