どのドア閾値がどの床に最も適しているか

ドアの閾値は、家の構造の重要な側面です。彼らは摩耗して時折更新する必要があります。

ドアの閾値は、外部ドアと家の内部との間に密閉を形成するのに役立ちます。このシールは、加熱および冷却のコストを節約できるので重要です。ドアのスレッシュホールドが高いと、夏の暖かい空気が保たれ、空調によって冷たい空気が発生します。これらのドアのスレッショルドは、温度を調整するのに役立ちます。きついシールは、ほこり、埃、葉、さらには小さな害虫が家に入るのを防ぐことができます。このため、ドアの閾値は、家の外観を維持し、温度を調節するために働くことができます。

閾値の重要性

すべてのドアの閾値がすべてのタイプの床で機能するわけではありません。あなたの家の改善や温度制御機能の改善を検討している場合は、現在設置している床材に適切なタイプのしきい値を選択する必要があります。新しいタイプの床を取り付ける場合も同じです。

別のフロアでの作業

ほとんどのガレージフロアのようなセメントスラブには、ゴム製のガスケットタイプのドアのスレッショルドが最適です。耐久性はガレージドアの閾値で重要です。ガレージドアの閾値は、その上のガレージドアとその上を走行する自動車の両方の圧力の下で抑えなければならないためです。そのため、ガレージドアの真下に置かれ、しっかりした接着剤で固定されたゴム製のドアシールは、ガレージドアのための最良のタイプのドア閾値です。ガレージドア自体は、その重量が密閉を形成するのに役立つので、これの主要な構成要素である。

ガレージドア

住宅内の外扉まで来る木製またはタイルの床には、木製またはアルミニウムのドアの閾値がしばしば最適です。木の閾値は、必要な正確なサイズに一致するように形作ることができます。審美的に喜ばれるように、木目に合っていることもあります。これらのタイプの閾値は、木の色にも一致するように染色することができる。タイルの床には、アルミニウムドアのスレッショルドが最適な場合がよくあります。それはコーキングされ、気密シールができ、ゴム製ガスケットはドアとしきい値との間の領域をシールするのに役立ちます;異なるフロアは異なる閾値を必要とします。閾値の設置を検討する際には、床の高さと材質が重要です。

木またはタイルの床