ごみポンプを購入する際に考慮すべき点

ごみポンプを購入しようとするときは、注意すべき点がいくつかあります。ごみポンプは、硬質または軟質の固形物を含む大量の液体をポンプで送り込むのに非常に有益です。ごみポンプは、スラッジ、泥、小枝、葉などがポンプを通過するように設計されています。あなたはそこにいくつかの種類のごみポンプがあり、あなたのためにあなたのために最高のものを選ぶことができるようにすべてのあなたの宿題を行うことは良い考えであることがわかります。

そこにある多くのゴミ・パンプは持ち運び可能です。彼らはまだ重い義務があり、遠心ポンプがあることがわかります。彼らはそこに他のほとんどのポンプよりも多くを取ることができる深いインペラを持っています。ポータブルごみポンプは、通常、仕事場や自宅で必要な場合は、別の場所に持ち帰りやすいので、最も人気があります。状況や仕事にかかわらず、ポータブルごみポンプは通常、仕事を処理することができます。

ポータブル

あなたが非常に大きな固形物を持つことを計画していない場合、または多くの固形物がごみポンプを通過する場合、これはあなたが考慮する必要があるポンプのタイプです。セミゴミ・ポンプは開口部が大きくないので、非常に大量の固形物や実際の大きな固形物を処理することができません。セミごみポンプを使用しているかどうかを知ることをお勧めします。

半ごみポンプ

あなたのニーズに最も適したごみポンプを探しているときには、さまざまな種類の機能が用意されています。あなたに調整可能な速度を提供できるごみポンプがあります。これはあなたが選択できる機能であり、ポンプは性能仕様をそのまま維持します。乾燥した状態になるポンプもあります。これは、外部の潤滑剤や液体を使用せずに長時間ポンプすることができることを意味します。自己プライミングするポンプがありますが、ポンプは外部からの補助なしにインレットに液体を引き出すことができる真空レベルを作り出しますが、維持します。

特徴

最大排出流量や圧力など、注意しておくことが重要なごみポンプ仕様もあります。また、排出口と吸入口の大きさと心配する馬力もあります。異なる電源もあります。ガソリンまたはディーゼル燃料、圧縮空気、水、蒸気、油圧、太陽または天然ガスだけでなく、交流または直流があります。動力源がまったくないポンプもあります。代わりに、モーターへの接続を可能にするドライブシャフトがあります。

仕様