あなたのプロジェクトにはどのような木材フィラーが必要ですか?

木材充填材は、木材パテとしても知られ、木材の亀裂や穴を修復するのに使用される優れた物質です。使用するのはかなり簡単で、選択したタイプに応じて、きれいに簡単に処理できます。木材フィラーは、以前と同じくらい強く滑らかな状態にあなたの木材を復元するために非常に貴重です。また、あなたが正確かつ均等にあなたのアイテムを復元することができますので、木目を充填して一致することも非常に良いです。木材フィラーには、水ベースと溶剤ベースの2種類があり、最終的に使用するタイプは個人の好みになります。

それは、溶媒ベースの木材充填剤が利用可能な唯一のタイプであることであった。工具が改良され、化学技術が進歩するにつれて、水性木材充填材が導入された。これらは、実用性のある溶媒ベースの充填剤とほぼ同じです。彼らは穴を埋めるために役立ち、また溶剤ベースの充填材を修理し、あなたは再びあなたの木製品を汚すことができる木目に一致します。 2種類のフィラーの主な違いは、クリーンアップにあります。水ベースの充填剤は、それらを製造する方法によって、水のみを使用して洗浄することができる。しかし、乾燥した後は、道具を降ろすことはほとんど不可能であるため、ユーザーは乾く前に掃除をする必要があります。

水ベースの木材フィラー

浄化を越えて、水ベースの木材充填材には他にも多くの利点があります。彼らは厳しい化学薬品や溶剤を含んでいないので、環境に対してはるかに優れており、作業にはもっと健康的です。あなたは煙が出るのを心配する必要はありません、あなたがあなたの上に乾燥したくないので、あなたはできるだけ早くそれをきれいにしたいとはいえ、あなたの肌にそれをつけたら危険はありません。

溶剤系ウッドフィラー

溶剤ベースの木材充填材はかなり長い間使われてきました。比較的最近まで、あなたが得ることができたのはそれだけでした。水性フィラーが人気を得ているので、溶剤ベースフィラーはますます少なく使用されている。ソルベントベースの充填剤には化学的な基盤があり、浄化するためにテルペンチンやアセトンを使用する必要があります。彼らはまた、あなたがあまりにも多くを吸うと危険な煙霧を放出します。溶媒ベースの充填剤は、水性ベースの充填剤よりも乾燥に長い時間を要します。

充填孔または平滑化孔

木材充填材の製造に使用されるさまざまな物質の上には、さまざまな種類の一貫性があり、さまざまな仕事に使用することもできます。亀裂や穴を埋めるために、より厚い木材フィラーが必要です。これらは通常、キャビティに押し込み、上部を滑らかにするために使用されるパテです。木材の細孔を平滑化するなどの小さな仕事では、広い表面積に拡散しやすいフィラーが必要です。どちらの場合でも、砂を砂に染める前に充填剤が完全に乾燥していることを確認する必要があります。